水素水で疲労が緩和されるのは・・・

水素水を飲むと疲れにくくなるって本当?

本当です。

筑波大学で、3か月間サッカー部の学生10人に、
  • 練習前の夜に水素水を500ml、
  • 朝起きてすぐに水素水を500ml、
  • 朝の練習の直前に水素水を500ml、
を飲んでもらってバイクマシンでの負荷運動を100回行ってもらったところ
水素水を飲んだ学生は、
水素水ではなく、普通の水を飲んだ学生よりも乳酸値の上昇が緩やかだったという実験結果となりました。

疲れのもととなるのが「乳酸」
数値として、疲れが取れた、疲れなかったということが実証されたわけです。

この時摂取した水素の濃度がどのくらいだったかはわかりませんが、通常の気圧で水素が水に溶け込む最大値は1.6ppmとされていますから、1.0ppm程度のものだったのではないかと思われます。
1.0ppmの水素水を1500ml飲んでの効果といえるわけですね。

水素水は通販の定期購入が一般的ですが、パウチパック入りの水素水は、だいたい同じ程度の濃度のもの。
そして、250〜500ml入りというのが一般的です。
大きく水素の効果を実感するなら、これを2〜3本飲む感じになりますが、さすがに2〜3本となるとかなりの価格になってきます。

そこで、おすすめなのがセブンウォーター。

水素水 セブンウォーター

1気圧での水素の水への充填濃度は、1.6ppmが最大とされてますが、セブンウォーターは耐圧ボトルで7.0ppmの水素水を作ることができます。
発生した水素全部が水に溶け込むわけではなく、やはり徐々に抜けてはいきますが、作り立てで飲むわけですからかなりの高濃度の水素水です。
1.0ppmの水素水を1.5L飲むのと同程度の効果を期待するなら、
3.0ppmの水素水なら、500mlで同じということになりますね。

効果的に水素水を取るのであれば、スティックタイプの水素水がおすすめです。